名前は似ているけど性格は真逆な2人の対談です!

HAREMの名物コンビ!?東条 つかさ取締役と美神 司支配人

【対談】東条 つかさ取締役と美神 司支配人

ブログのお時間でーす!



今日は今月14日(日)に昇格祭が控えた美神司支配人と
18(木)から21(日)の4日連続バースデーをする東条つかさ取締役の対談です。





司会はもちろんおなじみHAREMの内勤、八神京次です。



京「ではお2人よろしくお願いします。」

司「宜しくお願いします。」

つ「ウイッス」

京「まずご新規のお客様によく言われるのですが【つかさ】さんて今日出勤ですか?と聞かれる事が多いんですよね。そのたびに『当店東条つかさと美神司がいるのですがどちらの【つかさ】でしょうか?と過去何回も言った事あるんですが、同じお店で【つかさ】が2人いることに対してどう思いますか?」

司「僕は一部で取締役が二部だったので、合併して最初の時は冗談で改名しろとか言われましたからね(笑)」

京「そんな事言うキャストがいたんですか?」

司「いや、京次さんもその一人ですよ。【美神しげる】とかにしたらええやんて言ってたじゃないですか(笑)」

京「やだなぁ支配人冗談じゃないですか。ギャップですよ。そんなにかっこいいのに源氏名が【しげる】とかだったら絶対覚えてもらえるからいいかなと思っただけですよ。つかさ取締役はどうです?」

つ「そうですね。スギちゃんが最近テレビに出てないのでちょっと心配ですね。」

京「なんの話よ(笑)名前が一緒の事の話ですよ。」

つ「あぁ、特に意識してないですね。合併する前から支配人の事は知っていたので。」

京「2人でどこか遊びに行くこととかあるんですか?」

司「2人でマッサージとか飯とかはよく行きますね。」

京「仲がいいですね。」

つ「僕はいやなんですけどね。これも仕事のうちかなって。僕えらくないです?」

司「おーい!」

つ「冗談て思ってるでしょ?ガチです!」

司「おーい!東条!」

京「名前はいっしょやけど2人はタイプが全然違いますよね。送りとかもあまり被るとかないですよね?」

つ「だから合うんだと思いますね。僕は合わせているだけですけどね。」

司「おーい!」

京「でも2人はお店終わった後も真剣な話をよくしていますよね。」

司「名前が一緒で昔から比べれられてた所があったので、取締役のいい所は盗もうとしていますね。今でもそれは変わらないです。でも、僕が取締役に聞いてばっかりですけどね。取締役はどうやって売れたのか?とかキャストの話とか色々してますね。僕は取締役と会ったのは運命と感じでいます。」

つ「ゲイなんで。」



司「ナイナイ。」

京「支配人は代表のファンでもありますよね。」

司「自他ともに認める誠代表ファンですね(笑)誠代表の全てを尊敬します。」

京「昔、誠代表が買ったばかりのシャツを支配人がそれと同じの買ってきて、誠代表がもうこれ着れないじゃん(笑)とかありましたもんね。」

つ「そこまで行ったらLIKEじゃなしにLOVEだな(笑)」

司「いや、そこまで尊敬してるってことなの!」

京「取締役は誰を尊敬してるんですか?」

つ「これはガチで答えるやつですね。そりゃやっぱり誠代表ですね。あの人ほど尊敬できる人間はいないと思います。キャストであの人の事を悪く言う人なんていないですもんね。」

京「おっしゃる通りです。僕も10年早く誠代表と会ってればよかったです。」






















つ「10年前も結構なおっさんですよね?」






















京「・・・次行きます。支配人は昇格祭、取締役は4日連続バースデーですがどうですか?」

司「僕は1日で、取締役は4日イベントがあるので厳しいなとは思うのですが、やるからには1位を狙います!」



つ「僕も支配人に負けないように頑張りたいと思います。」

司「なんか棒読みだなぁ(笑)」

京「今年最後の一大イベントですもんね。」

司「今からめっちゃプレッシャーですね。」

つ「あぁクリスマスイベントのコスプレ?」

京「取締役にしてはおもしろくなかったので取締役もプレッシャーはあるという事でよかったですね?」

つ「おもしろくないとかやめてください(笑)プレッシャーはなくはないですよ、でも今年最後なんで精一杯頑張ります。」

京「僕も歌舞伎町にいて結構長いですが、4日連続バースデーなんか聞いたことないですからね。それをやるっていうのがすごいですよ。」

司「取締役は僕が追い付こうとするとさらにその先に行くのでいい刺激になっています。」

つ「やばっ!ボケれないです。」

京「いや、ボケなくても大丈夫です。支配人も取締役もグループ年間ナンバーもかかっていますから一層思いは強いですよね?」

司「そうですね。去年は新年会の壇上に上がりたかったけど上がれなかったので目茶苦茶悔しかったです。」

京「支配人と同じ席だったから僕はずっと見てました。あまり感情的にならない支配人ですけどあの時は目茶苦茶悔しがっていましたもんね。」

司「はい。でもそれが糧になって今の自分があると思うので来年一発目にあの新年会の檀上に上がってトロフィーを貰いたいです。いや、貰ってみせます!」

京「取締役は今年あの檀上に上がられましたがどうでしたか?」

つ「僕はあまり緊張するタイプではないのですが、さすがに何百人が見てる中であの檀上に上がった時は鳥肌がたちました。」

京「演出とかすごかったですもんね。あれを見て『よし!頑張ろう』と思ったキャストはいっぱいいたと思います。」

司「去年の誠代表と取締役がかっこよかったですからね。」

つ「代表と俺どっちがかっこよか・・」

司「代表。」










(取締役が支配人の内もも当たりをつねる)










司「イタッ!おい東条!」

つ「季節外れの蚊がいたんで(笑)」

京「季節外れすぎすぎやし、蚊やったら叩くし、ズボン履いてるし、色々突っ込みどころがありますね。」

つ「いや、京次さんこそズボンて(笑)」

京「えーと、新生HAREMになってお店が全く変わりましたがどうですか?」

つ「あ、スルーされた(笑)そうですね、変わりすぎて最初はとまどいましたけどめっちゃおしゃれですし、使い勝手がいいのですし、綺麗だし、何よりお客様が喜んでくれているのでよかったです。」










司「まともなことも言えるんだね。」

つ「支配人の言ってはいけない事を言ってブログに書いてもらおうか?」

司「ちょっ!いや、リニューアルの話ですよね?取締役と一緒なんですが、僕はやっぱりNO,1テーブルが今月使えるので嬉しいですね。NO,1テーブルは本当に使いたかったんです。特別感があるじゃないですか?」

京「お客様がいない時は掃除以外立ち入り禁止ですからね。特別感は確かにありますね。」

司「メインフロアも綺麗だし、前はポップな感じでしたけど、今はラウンジみたいな大人な感じになっていますからめっちゃいいですよね。僕は断然今の方が好きです。匂いやばいですよね?僕もお店入った時いつもいいなって思いますもん。」

つ「DAYONE!」

京「取締役ちょっと対談飽きてきていませんか?」

つ「そんなことないですけどもう帰ってもいいですかね?(笑)」

京「飽きてきとるんやないかい!じゃあ最後に新生HAREM忙しすぎて人が足りていません。何かお2人から一言お願いします。」

司「僕もHAREMに未経験から入りましたけど、色々お手本になる先輩がいるのですぐ売れる事ができました。お客様を最初呼んだ時も何を喋っていいのかわからなった時先輩がヘルプに付いてくれて盛り上げてくれたんです。それが今でも忘れられません。だから僕もそういう先輩になろうといつも思っています。これを見ている君!僕が君の夢を手伝うので是非HAREMに来てください。僕は最初寮でしたが、今はタワーマンションに住んでいます。」

つ「タワーマンションのくだりいる(笑)?」

司「衣食住は大事でしょ!俺の夢が叶ったんだから言うべきでしょ!」

つ「ごめんごめん(笑)えーとあんまりこういう事言うの苦手なんですよね。どこのお店も悪い事はいいませんからね。だから僕はこう言います。1回HAREM来て体験入店してください。自分の目で見てください。それで良さがわかるはずです。」

京「2人ともありがとうございます。只今新生HAREMでは体験入店3時間で1万円をお出ししています。これだけでも十分魅力的だと思うので皆さんお待ちしています。」

司「そんなに貰えるんですか?やばっ」

つ「知らなかったの?それこそやばっ」

京「取締役は知っていたんですか?」

つ「そんなこと言うなら京次さんは知っていたんですか?」
京「俺は知ってるから言ったんやないか!」

つ「あぁ、そうでした(笑)てか、腹減ったんで出前取りましょうよ。あ、体験入店した人もれなく支配人の奢りで出前取ります。先着100名様なのでお早目に!」

司「おーい!東条!」





という感じで2時間ほどつかさ取締役と司支配人と楽しく対談しました。



2人とも仲いいですし、仕事に対して本気で取り組んでいるというのを感じました。

司支配人の昇格祭が今月14日に、
つかさ取締役のバースデーが18日から21日の4日間となっています。
その後は24日はキャストがコスプレをしてお客様にクジを引いて頂いてキャストからのプレゼントがあるクリスマスイベント、25日はHAREM恒例の総額100万円ビンゴ大会があります。



そして年末今年最後のイベントカウントダウン営業があります。



なんとKG-PRODUCE6店舗総勢70人ここHAREMでお客様と年越しを迎えます。



また詳細が分かればお知らせしたいと思いますので新生HAREMをよろしくお願いします。