歌舞伎町騒然!?KGの歴史が動いた日

ブラックパール降臨!!

東条 つかさが伝説を作った日~東条 つかさ取締役バースデー最終日~

ブログのお時間です。



今日はつかさ取締役のバースデー4日目をお伝えします。







まずはこの写真をご覧ください。
知ってる方もいらっしゃると思います。
普通のルイ13世ではございません。



ルイ13世ブラックパールです。



これを開けるのは売れっ子ホストとしての夢でもあります。
歌舞伎町の売れっ子ホストでもなかなかこれを開ける事はないです。
事実、他店さんでもこれが開くと狭い歌舞伎町、すぐ噂が回り

「あのお店の○○さんブラックパール開けたんだってさ」

と、話が入ってきます。










価格はなんと1100万円!










TAX合わせますと1600万円オーバーです。










僕の地元ではプール付きテニスコート付きの家が建てれるお値段です。










まず僕もHAREMに入って初めて見ました。
もちろんブラックパールの存在は知っていましたが、
実物を見た事すらありませんでした。



それぐらい手に入れること自体が難しい代物なのです。
なぜブラックパールの話をしたのか、それはもう少し後のお話です。



さて、今日でラストとなりました、
つかさ取締役のバースデーイベントですが
今日も同業の方がご来店されました。




GROUP NINEの水城和也社長、
瞬オーガナイザー、
虎マネージャーがお祝いに駆けつけてくださいました。



いつものつかさ取締役のトークでシャンパンコールはとても楽しい雰囲気でした。





そして今日もシャンパンコールが盛り上がります。













司支配人もマイクを持ちシャンパンコールをして頂きました











バースデー4日目だというのにこの日も目茶苦茶忙しかったです。
シャンパンコールの嵐でした。



そしてその時がやってきました。



照明が消え、つかさ取締役の曲が鳴り響く中それは聞こえました。










マイク
「○○テーブルのお客様より超最高級ボトル、ルイ13世ブラックパール頂きましたー!」









鳥肌が立ちました。
大げさではなく伝説の日です。
まさかブラックパールが入るのをこの目で見れるとは夢にも思いませんでした。













マイクをしていた永遠君も

「ブラックパールを頂きました」

というセリフを何回も言っていました。

















つかさ取締役も思わずこの表情です。





そして大盛り上がりの中
ブラックパールコールが終わりました。



と、思いました。
まだ終わらないです。



なんと










なんと










なんと










なんと










なんと













「○○テーブルのお客様より超最高級ボトル、ルイ13世ブラックパール頂きました。」










ブラックパール1本でも十分伝説の男になれます。



間違いなく。



それを同じ日に2本もでました。



ありえません。
これは例えるなら



織田信長がホトトギスをすごく可愛がるレベル



クララが立ってすぐ全力疾走するレベル



安西先生がバスケなんてやめようぜというレベル



ぐらいです。
それぐらいのレベルです。
間違いなくこの日は歌舞伎町の伝説になった日だと思います。



1日で3000万オーバー売るホストは
僕が10何年歌舞伎町にいて聞いたのだけで10人もいません。
その10人につかさ取締役は入りました。



これは本当にすごいです。
すごいとしか言えません。



司支配人もライバルですが、
つかさ取締役の為にマイクをもちます。
このブラックパールのコールを司支配人がしてくれました。




 
そしてキャスト全員でまたもやブラックパールのコールです。



もちろんラストソングはつかさ取締役ですが、
つかさ取締役が言いました。



「ラッソンは支配人と歌います」



司支配人も喜んで承諾し、
2人でラストソングを唄って頂きました。











そして最後につかさ取締役が言いました。
 
つ「美神司は俺の大親友だ」と

司支配人もすごく嬉しそうな顔をしていました。
もちろんキャスト皆頑張ってくれていましたが、
特に司支配人が動いて、マイクをして、
ヘルプも率先してついてくれていたのが目立ちました。



それをやはりつかさ取締役も見ていて
感謝の気持ちからそういう言葉が出たのだと思います。
自分の事のように喜んでいる司支配人も素敵でした。



そして混みあがる想いからなのかこんな写真まで撮れました。



そして伝説の日に幕は閉じ最後に全体の写真を撮りました。





最後に誠代表、
つかさ取締役、
司支配人の3ショットで締めてくれました。



とにかくすごい4日間でした。
この伝説は歌舞伎町に瞬く間に広がっていくと思います。



そして最後につかさ取締役にインタビューをさせて頂きました。



京「4日間お疲れ様でした」



つ「いや、酔いましたね」

京「今日は本当に伝説の一日となりましたが終わってみていかがでしたか?」

つ「伝説って(笑)そうですかね。」



京「いや、そうですよ。伝説ですよ。」

つ「そっかぁ伝説か・・・ドラクエみたいですね。京次さんはビアンカとフローラどっちにしました?」

京「いや、それはビアンカでしょ。確かに水の羽衣とかイオズンは魅力やけどあれでフローラを選ぶなんて人としてどうかと思うわ・・・って今ドラクエVの話はいらないでしょ」

つ「あぁ、バースデーですね。いや精一杯しました」



京「まさかブラックパールが1日で2本も開くとは夢にも思いませんでした。」

つ「いや、僕も開くとは思いませんでした。お客様からのサプライズでびっくりしてます」

京「サプライズだったんですか?」

つ「なわけないじゃん。1000万以上のボトルでサプライズってどんだけよ。冗談わかれよ、京次」肩ポンポン

京「ですよね。すみませんでした」

つ「嘘です。京次さんもありがとうございました。おかげ様で今までで一番いいバースデーになりました」

京「取締役にそう言って頂けてぼk・・・」

つ「うるせぇ」

京「ちょっ」

つかさ取締役爆笑

つ「てか、京次さん僕酔いすぎたのでもういいですかね」

京「かしこまりました。では最後に今年も残すとこわz・・・」

つ「うるせぇ」

と言われ、つかさ取締役に奪われました。





え?何をですか?





これです。



まさか僕今年最初で今年最後のキッスがつかさ取締役とは夢にも思っていませんでした。
柔らかかったです。



多分つかさ取締役はこの事を覚えていないです。
このブログを見て気付いてくれればと思います。



これでつかさ取締役のバースデーの4日間が終わりました。
大変忙しかったですが、後輩のキャストにもとてもいい刺激になったと思います。



伝説の男、東条つかさ取締役と新生HAREMを今後ともよろしくお願いします。



では!